「造園」というと多くの人は、ああ、木の剪定をしたり芝刈りをしたりして、お庭の手入れをすることだよね、というイメージになるかと思います。
いわゆる、庭師や植木屋さんと言い換えられるものです。それは、植物の知識があれば良いのでしょうか?

「造園」という単語を辞書でひくと、「庭園などの空間を造ること」と書かれています。
でもひとくちに庭園といっても、木や花を植えただけのものもあれば、池やウッドデッキがあったり、フェンスがあったり、いろいろな形があります。
そういった施工をするには、水道の配管の知識も必要ですし、大工工事的な技術も必要です。
草木の剪定や芝刈りといった植栽周りの作業だけでなく、幅広い知識や技術を駆使して、総合的に庭を作り上げていく。これが造園の仕事です。
駐車スペースに屋根をつけたり、フェンスを建てたり、そういう作業も造園と言われることもあります。要は、外構、エクステリアの工事全般、ということでしょうか。
また、個人宅だけでなく、公共の公園の造成や、芝刈り、剪定なども請け負う造園業者もあります。

案外広く、いろいろな意味で使われている「造園」という言葉。
ここでは、芝生の造園から、芝刈りや剪定といった手入れについてなどを書いてみたいと思います。

関連リンク

丁寧な間伐を依頼しよう|伐採110番
剪定を頼みたいのなら|剪定110番
どこから手をつけていいか分からない芝刈りは手順をしっかりと踏めばとっても効率よく行うことが出来るんですよ。一度読んで実践してみてはいかがですか?